二重窓 「プラマードU」,「プラスト」

お奨めガラス

防犯ガラス GCハイパーシリーズ ペアガラス サーモペア・スリム
二重窓 プラマードU, プラスト 真空ガラス スペーシア

注目の「プラマードU」とは

サッシを選ぶ際に重視すること(エンドユーザーに対する社内調査データ)

ガラスに併せて、サッシも様々な工夫を凝らした「樹脂サッシ」にすればさらに生活は快適に!  防犯だけでなく防音・断熱などを組み合わせて使ってみませんか?

注目が樹脂製内窓「プラマードU」。サッシにできる工夫をあらゆる方向から取り入れています。

今ある窓はそのままに、その内側の木枠に樹脂サッシを取り付ける方法です。冷房効果を高め、いやな結露の発生を低減する優れた断熱性と防音サッシと同様の遮音性の効果を発揮し、1年中快適に過ごせます。

GXハイパーと組み合わせると、最強の窓ができあがります!!

断熱・防露対策には断熱サッシ!

冷暖房のききが悪い! 結露が気になる! …そんな場合にお奨めです。

優れた断熱性能で夏は涼しく、冬暖かく。省エネ効果で冷暖房コストを大幅に節約することができます。

冷房・暖房時の熱の流出割合

 

熱の出入りは窓からが一番大きい

外気温をさえぎり、快適な室温が逃げないようにするには、家の断熱・気密性能を高めることが大切です。

なかでも、窓がいちばんの弱点。冬は、窓から外に逃げる熱がなんと37%。夏は、日ざしなど窓から入ってくる熱が53%にもなります。

断熱性の高い「プラマードU」で開口部の熱の出入りを防ぎましょう。リビングはもちろん、温度差の激しい洗面所にも最適です。

省エネ

一般的に窓を含めトータルに断熱化をはかった住まいは、暖房で約半分、冷房で約3分の1の費用を節約できます。月々の光熱費、住まいの耐久性などを考えると、断熱化住宅は大変おトクな選択といえるでしょう。

断熱・防露対策で省エネ・費用節約

ページの先頭へ

防音・遮音対策に効果を発揮します

二重窓できわだつ遮音性能。気になる騒音や、室内の音漏れ対策に。

窓は屋根、壁よりもはるかに騒音が伝わりやすい部分です。気になるお部屋の窓には、高い防音・遮音性能が求められます。

「プラマードU」なら、住まいの防音対策として、気密性を高めることができます。空気音は隙間から出入りしますので窓など開口部を二重にすることで防音対策となります。

騒音レベルと騒音環境の目安

「プラマードU」の遮音性

プラマードUの遮音性はT-3(35等級)

ページの先頭へ

より防音効果を高めるために

ふかし枠の図

二重サッシの中空層の厚さ(間隔)が大きくなるほど低音域から中音域にかけての防音に効果が得られます。間隔が狭い場合はオプションのふかし枠の使用もご検討ください。

一方、高音域では内窓と外窓のガラスを違う厚さにすることで、さらに遮音性能をあげることができます。

二重窓で防犯配慮

視覚効果と時間かせぎによる効果

泥棒はどこから入ってくるの?

戸建て住宅の被害例を見ると、約7割が窓から侵入され、その中でも最も多いのが直接庭に出入りできる「1階リビングの窓」からの侵入です。

侵入口は次に玄関、台所、浴室、トイレの窓、勝手口の順で多く、2階建て以上の戸建て住宅の9割が1階から侵入されているという報告もあります。

何分かかると侵入をあきらめるの?

侵入盗被疑者に対する聞き取り調査結果によると、侵入をあきらめる時間として7割が「5分まで」をあげています。さらに9割以上が「10分まで」で侵入をあきらめると答えています。

つまり、泥棒の侵入工作に時間がかかれば被害を免れる可能性が高いということです。

ページの先頭へ

さらなる安心のために

防犯タイプ合わせ単板ガラスの構造

防犯タイプ 合わせ単板ガラス

合わせガラスとの組み合わせで大きな相乗効果が期待できます。

「防犯タイプ合わせ単板ガラス」とは、ガラスの間に強度と柔軟性に優れた中間膜を挟み、加熱・圧縮加工を施した「合わせガラス」のことです。叩いてもフィルムが邪魔をして、貫通に時間がかかります。住宅侵入手口に最も多い「こじ破り」にたいへん効果的なガラスです。


ボタン鍵付きクレセント

オプション:ボタン鍵付きクレセント

一番狙われやすい1階の窓。「ガラス破り」の対策には、ボタン鍵付きクレセントをおすすめします。開錠には任意に設定した暗証番号を押すことが必要ですので、万が一ガラスを破られることがあっても、開錠は困難です。

また、後付タイプですので、現在ご使用のサッシへ簡単に取付けできます。

暗証番号の組合せは63通り。簡単な取付けでガラス破りに効果を発揮します。

簡単施工

施工はわずか1時間で完了。大掛かりな工事は必要ありません。

このページの先頭へ