窓の結露防止方法

窓に対する悩みの中でも上位に入るのが結露の問題です。 結露によって家そのものが大きな負担を強いられることになる可能性もゼロではありません。 放置しておけば水分が木造部分を侵食して腐敗の原因にもなりますし、カビの原因にもなれば金属部分は錆びてしまうことも。

結露は人間にとっても良いものではありません

結露は建物だけではなく、人間にとっても良いものではありません。そもそもなぜ結露ができるのかというと、湿度が100%になることで「気体」ではいられなくなり、液体となります。 湿度は外気温と室内の気温の差が広がった時に高まる特性も持っていますので、特に冬場のように外が寒いので家の中で暖房を付けている時にはどうしても結露が出てしまいます。
また、暖房をつけていないとしても外があまりにも寒ければ、室内にいる人間の体温の影響で外との「温度差」が生じます。 すなわち、暖房を付けていない状況でも結露で悩み苦しむケースもあると言えます。 結露というのはカビだけに限らず、ダニだって生まれ易くなってしまいます。
健康面への悪影響も懸念されるだけに、放置したままは好ましくありません。 そこで結露防止のための複層ガラスが注目を集めています。

複層ガラスによって結露を防ごう

複層ガラスは結露防止効果が高いです。 先に結露は温度差によって生じるものだとお話しましたが、複層ガラスの場合、ガラスとガラスの間に空気の層があるので室内と外の空気が触れ合うことを防ぎます。
通常の3mmガラスの場合、外の空気と部屋の中の空気がいわば3mmのガラス越しに触れあっていますので、温度差が広がることで結露が生じます。
しかし服装ガラスの場合、ガラスとガラスの間に空気が入り込みます。

外の空気 – 空気層 – 室内の空気

このように、外の空気と室内の空気の間にワンクッション置けます。結果、結露を防いてくれるのです。 空気は水の30分の1、木の8分の1、熱を伝えにくいので、ガラスの間に空気が入ることで、熱の移動が抑えられ、結果、結露を防ぎます。

外気温と結露開始の計算

室温20度、湿度60%の環境の場合、3mmガラスは外気温が9度まで結露を防ぎます。 ちなみに複層ガラスの場合、0度まで防げます。 また、先に-22度まで防ぐスペーシアのように、結露をより軽減してくれるガラスも登場しています。
湿度によって発生温度が変わりますので地域によって結露が発生する温度は異なります。

結露の発生しやすい環境を覚えておこう

結露は外の気温と室内の気温の温度差によって生じるものですが、湿度によって左右されます。 気温には目に見えないだけで水分が含まれていますので、温度差等によって気体が液体に変わり、「結露」となります。 そして、結露は発生しやすい環境と発生しにくい環境があります。
自分自身の環境を見直し、湿度が発生しやすい場合には複層ガラスの導入を考えてみると良いでしょう。

換気をしない場合

寒い季節になると換気をしなくなる人も多いのではないでしょうか。 寒いので窓を開けることが億劫になるのは分からない話ではありませんが、適度に換気を行わないと湿度だけが高まっていきます。
温度そのものは高くはないものの、湿度だけが高まっていきますので結露を生みやすい環境になってしまします。 仮に暖房を使っていないとしても人間がいるだけで人間の体温は外の気温より高いので多少なりとも人間周辺の温度が高まります。
結果、周辺は湿度が高まりますので、暖房を付けていない家庭でも時には換気を心掛けるだけでも結露防止効果が高まります。

出窓は結露が生まれやすい

窓も様々なデザインがありますが、出窓は結露が発生しやすいです。 出窓は窓だけが外に出ている形なので、寒気の影響を受けやすく、結果、結露になりやすいです。
かりにおんなじ家でも出窓のほうが結露ができやすいという時には、出窓こそ結露防止のために複層ガラスの導入を熟慮してみると良いかもしれません。

ペットを飼っている方も注意

ペットを飼っている方も注意が必要です。 なぜなら、ペットを飼っているとペットのことを考えるあまり、自分が不在でもペットのためにと暖房を付けっぱなしのケースが多いからです。
ペットも家族であることは間違いありません。そのため、出掛けて家を留守にするとしてもペットがいるので暖房をつけたまま外出するのもよく分かりますが、暖房を付けたままでは部屋の室温を高めてしまいます。
外気温との差をより広げることになりますので、自分自身は暖房の恩恵を受けていないとしても部屋そのものは温まるので湿度が高まります。結果、結露ができやすい環境になってしまうのです。

ロフトや吹き抜けの場合も注意が必要です

ロフト、あるいは吹き抜けなど家のデザインも様々ですが、これらも少々気を付けた方が良いでしょう。 吹き抜けの場合、吹き抜け部分に窓があるケースもありますが、こちらは結露が出やすいです。
なぜなら、暖かい空気は浮力があるので上の方に行くのです。 お風呂で追い炊きをすると、かき混ぜなければ浴槽の上の部分だけが暖まるのもそのためです。
つまり、吹き抜けがあると吹き抜けの上部に暖かい空気が集まりやすく、そこに窓でもあると外気温と触れ合うので結露が発生しやすいのです。
さらに、吹き抜けに窓がある場合、結露を何とかすることがとても難しい環境になります。 自力では窓拭きそのものができないケースも珍しくないだけに、結露ができていることさえ気づかないケースも多く、気付けば周辺がカビだらけになっていたり、サッシ部分が錆びていたりするので注意が必要です。
ロフトの場合、こちらはロフトに置いている物次第では湿気が溜まりやすく、結果として結露を生み出すことになります。また、ロフト部分は得てして換気が悪いものです。窓のあるロフトであれば換気を取り込めますが、窓がないロフトは寒気が出来ないので湿気がこもりやすいです。
結果、室温を高めてしまうのでロフトの近くにある窓に結露ができやすくなるのです。

キッチン、お風呂の窓

キッチン、そしてお風呂にある窓も結露ができやすいです。 キッチンやお風呂それぞれに共通しているのは、火を扱うなど温度が高まるので外の気温との差が生じやすい点。そして、換気のために窓があるので外と接しているため、温度差を受けやすい点です。
結果、結露ができやすい環境になっています。 キッチンやお風呂は季節を問わずに熱を帯びていますが寒い季節になると外との温度差が出てしまいます。
こまめに換気をと思っていても、キッチンにせよお風呂にせよ自分がその場にいる間は換気を行うと寒くなるので換気が甘くなってしまい、結果、結露の発生を許してしまいがちです。
さらにキッチンやお風呂は常日頃から水を使いますので、結露のみならず、元々錆びやカビができやすい部分なので、結露防止の窓を導入するメリットが高い部分でもあります。

新築だからといって油断できません

新築よりも古い家の方がガタが出やすいと考えがちです。 その点は間違いありませんが、結露に関しては新築の方ができやすいです。 なぜなら、木材にせよコンクリートにせよ、建築資材に含まれている水分が水蒸気となって放出されるのです。 古い家屋の場合、既に水分は全て放出されていますので資材から水蒸気が出ることもありません。しかし新築の場合は1年から2年程度は水蒸気が放出されますので、換気が良くない立地の場合、思わぬ形で結露に悩まされることもあります。

関連ページ

窓の結露防止方法

窓の結露防止方法
窓に対する悩みの中でも上位に入るのが結露の問題です。 結露によって家そのものが大きな負担を強いられることになる

窓の断熱方法

窓の断熱方法
年々夏は暑く、冬の寒さは厳しさを増していることから「断熱」の重要性が注目されるようになりました。 断熱によって

窓の防音方法

窓の防音方法
現代社会は何かとデリケートですが、その一つに「音」の問題が挙げられます。 生活音はどうしても出てしまうものです

機能性ガラス Q&A

機能性ガラス Q&A
Q1:防犯ガラスって割れないのですか? Q2:網入りガラス、強化ガラスも防犯性能を持っているのではないのですか

既存メーカーとの違い (機能性ガラス編)

既存メーカーとの違い (機能性ガラス編)
みなさんがご存知の「板ガラスメーカー3社」=旭硝子、日本板硝子、セントラル硝子=素板メーカー=国内のフロートガ

機能性ガラスの特徴

機能性ガラスの特徴
防犯ガラスにも様々な特徴があります。 いわゆる「機能性ガラス」と呼ばれているものは防犯面以外にも様々な特徴を持

ペアガラス 「サーモペア・スリム」

ペアガラス 「サーモペア・スリム」
サーモペア・スリムの特徴とは 我々が採用しているペアガラス「サーモペア・スリム」には様々な特徴があります。 ま

二重窓 「プラマードU」,「プラスト」

二重窓 「プラマードU」,「プラスト」
プラマードUとは? ガラスを交換する際、ガラスと共にサッシも交換することでより快適な生活が手に入ります。 サッ

真空ガラス 「スペーシア」

真空ガラス 「スペーシア」
シドニーユニバーシティと日本板硝子のコラボレートのお陰で実用化された真空ガラスが「スペーシア」です。 真空ガラ
愛されて20年信頼実績20万件緊急対応約20分 現場で即解決!最速30分 ガラス+施工費+出張費+処分費 全部コミコミで4000円~ 業界屈伸のガラス職人だから安心 クレジット払いを利用できます。Tポイントが貯まります
ホームページ限定クーポン!2か所以上ガラス修理には3000円割引
お問い合せから作業完了までの流れ 0120-963-101 現地でのお見積もり 全部コミコミ費用4000円~ 現地で正確に採寸し切り出します 精魂込めて正確に施工します ガラス修理完了 96%のお客様は安心丁寧と 表示金額は全て税抜きとなっております。標準的な窓ガラスの交換は30分程度で終了します。機能性ガラスに付いては正確なお見積りは現場の確認が必要になります。
窓の泥棒対策 ガラスのお役立ち情報 年中無休24時間365日営業 0120-963-101 年中無休24時間365日営業 0120-963-101 全国の施工事例 全国対応エリア 料金表 全国内メーカーに対応! LIXIL、セントラル硝子、YKK、AGC、TOSTEM、CP